「競売市場が低迷!?任意売却の需要が上向きに!」

2018年10月から2019年3月の競売物件の調査結果をもとに、解説しています。
(今回は東京・神奈川・埼玉・千葉のエリアを対象にしています。)

東京 神奈川 埼玉 千葉
開札件数(前期比) 736件(10.7%増) 701件(9.0%増) 599件(11.5%増) 540件(3.3%増)
落札割合(前期比) 97.1%(0.5%低) 90.8%(1.1%低) 88.7%(2.0%低) 92.1%(1.4%低)

東京都心部は区分マンション、さいたま・千葉県は土地付き建物の割合が大きく占めます。

落札合計額は、10年前は1,500億円でしたが
今期は520億円(3割の水準)と、以前に比べるとだいぶ縮小しています。

都心部の一部エリアのマンションは、依然として高水準ですが、競売市場全体低下が顕著に表れ、ピークは過ぎてることが分かります。
近年、競売市場離れが進んできています。

東京 神奈川 埼玉 千葉
応札者数(前期比) 6,031人(3.2%増) 4,369人(14.5%減) 3,220人(0.4%増) 3,938人(5.1%減)
平均応札者数(前期比) 1.1人減 1.5人減 0.6人減 0.5人減

※応札者数=入札参加者数

・競売市場が低迷
⇒競売の売却価格が下がるので、競売をしても回収の見込みがたたなくなります。
・任意売却に対して債権者の対応が柔軟に
⇒任意売却で確実に債権の回収をという動きになる⇒任意売却のニーズが上がります。