「売却する時、管理費の滞納はどうなる!?」

区分マンションの管理費・修繕費を滞納している状態での売却。
滞納している分の扱いはどうなるのか?
月々の管理費・修繕費も滞納が続くと、結構な金額になってきます。(※実際に管理費の滞納で、管理組合からの強制競売も少なくはありません。)

今回は、
競売申立て者:金融機関(住宅ローン)
住宅ローン以外にも管理費・修繕費の滞納があるケースのお話です。
売却されれば、配当は金融機関へ支払われますが、管理費の滞納はその後どうなるのでしょうか?滞納額は残ったまま売買されるのでしょうか?
現在多いケースというのが、債権者(今回であれば申立ての金融機関)が、売買代金(任意売却)の中から管理費の滞納分の支払いを認めてくれるというケースです。支払いの範囲は、案件により異なりますので、債権者への事前の確認が必要になりますが、管理費・修繕費の元本だけ、駐車場代は認めない、など様々なケースがあります。

どのような内訳になるかというと、例えば任意売却で
住宅ローンの残債 1,500万円(競売申し立て者)
管理費の滞納    100万円
売却価格     1,000万円の場合
⇒本来、売却価格は全て住宅ローンの返済に充てられるところですが、今回のようなケースでは、住宅ローンには900万円返済・管理費の滞納は100万円払って完済してしまう。という配分で任意売却がおこなわれることがあります。
※売却に掛かる諸経費等は、省略してます。

本来売却時には、抵当権や差押えが入っていない債務への支払い義務は生じませんが、区分マンションの管理費の滞納分に関しては、買主(新所有者)にも支払い義務が生じます。よって管理費の滞納分が残ったままでは、買い手が見つかりづらくなります。
任意売却の買い手をスムーズに見つけるためには、こういった措置を取る債権者が多いのが実情です。
債権者からしてみると「管理費の滞納分の支払いは、確実に任意売却を進めるための、必要な費用」といったところです。(※実際のところは、債権者の承認販売価格に管理費の滞納分が最初から上乗せされていたりと、債権者が滞納分の面倒を見てくれると一概には言えませんが、、、)