「任意売却後の残債は返さなくてもいいのか!?」

任意売却で家を売却した後の残債は、返さなくていいのか?

「競売・任意売却で売れると、借金がすべて無くなる」
そのように認識している方がいらっしゃいますが、大きな間違いです。
任意売却でも競売でも、残っている借金は今後返済していかなければなりません。
(任意売却後に、債権者と相談して今後の月々の返済額を決めます)

<通常の売買>

<任意売却>

<任意売却後の返済について>

まず改めて通常の売買と任意売却の違いをご説明します。

<通常の売買>⇒抵当権・差押を完済して解除
抵当権または差押を解除するためには、残債を完済しないといけません。
住宅ローンが2,000万円残っている場合、2,000万円を抵当権者に返済しないと抵当権は解除してもらえません。売却する為には、抵当権が解除されないといけません。抵当権や差押が始めから入っている物件は、誰も買いません。
<任意売却>⇒抵当権・差押を残債は残るが解除
完済は出来ないが、債権者に直接交渉をしハンコ代等を用いて、物件にかかる抵当権と差押を全て解除して売却をします。買主に所有権が移る前に、抵当権抹消、差押え解除の手続きをおこないます。

このように任意売却というのは、通常の売買のように残っている借金の完済はできないけど、任意売却を成約させるために、一部支払うので抵当権(または差押)を抹消(解除)して下さい。と債権者に交渉をして、契約を成立させてもらう取引になります。引越しが伴う場合は、債権者への返還金の中から、引越し代を捻出してもらいます。よって売却後は、誠意をもって返済を続けていかないといけません。

<任意売却後の返済について>
・債権者との話し合いで、月々の返済額を決めます。債権者も状況をわかっていますので、比較的ご本人様(売主)の希望額が了承されることが多いです。
・ご本人様の月々の収支状況を記載した、「生活状況表」と呼ばれる用紙を提出します。月々の収支を考慮した上で、返済計画を立てていきます。
5千~3万円/月、程度が相場のようです。無理のない返済計画を立てて、新たな生活をスタートさせて下さい。