【1】富里市七栄 任意売却の解決事例

千葉県富里市七栄より戸建ての任意売却のご依頼をいただきました。

 

競売の入札で家族を救う

 

千葉県富里市七栄のご相談者さまより

勤めていた小さな会社の社長が急死したのがきっかけでした。

仕事の受注は、社長がしていたので請負う仕事が無くなってしまいました。

働いていた分の給与の支払いもなく、いきなり生活苦に陥ったのです。

中学生と高校生の子どもが2人いて、これからお金がかかるのに。

妻はパートをしてくれていましたが、妻の収入では、生活できるわけがありません。

 

社長が亡くなってから3ヶ月後には住宅ローンの支払いが遅れてしまったです。

子どものためにも住む家は、何とか残したい。

その一心で、知人に弁護士を紹介してもらい相談することに。

 

 

競売は弁護士が解決するのか

 

相談に行ったときには、銀行から残った住宅ローンを一括返済する内容の書面が届いたころでした。

妻には、大丈夫だから俺に任せてくれ!と安心させる目的で言い続けていました。

 

しかし、届いた一括返済の請求を見たときには、もうだめだ。

これから、どうなるんだろう。とにかく不安でいっぱいでした。

 

弁護士に相談するときも、半分以上はあきらめていました。

弁護士から住宅ローンを一括返済しなければ競売になること。

競売で自宅を誰かに落札されると出ていかなければならないこと。

競売の落札額が、残った住宅ローンの債務額より低い場合、その差額の債務は残ること。

などの説明がありました。

説明を聞きながら、もう妻と子どもに頭を下げるしかないと考えていました。

 

胸が苦しくなるような説明だけが続きました。

 

突然、希望が見えるような言葉が耳にはいりました。

弁護士(任意売却ができれば、競売を回避することができる。)

”にんいばいきゃく”その言葉を聞き、わたしは、これしかない。そう思いました。

任意売却で競売を回避したあとにどうなるのか?

そんなことまでは、考える余裕はありませんでした。

 

競売を回避するには任意売却の専門業者がよいのか

 

とにかく任意売却をしよう。

そのために、どうすればよいか?を弁護士に聞くと任意売却を専門にする不動産会社に相談してみてはと提案がありました。

弁護士は覚えがなく紹介はできないと言われました。

 

弁護士に任意売却を教えてくれたお礼を伝えて事務所を後にしました。

さっそくスマートフォンで、任意売却を検索すると多くの不動産会社が出てきました。

 

どこに相談すれば良いのか?まったく分かりません。

家族のことも考えると安易に知人に相談するわけにもいかいないので問合せ先は悩みました。

 

ミライエさんに相談したのは、社長や働くひとの写真があったので安心したこと。

それと競売になっても自宅に住めることが書いてあったことです。

 

電話で問合せをしました。

すぐに面談してくれることになりました。

会社の社長が亡くなってから、悪いことばかりが続きました。

ずっと暗い顔して生活していましたが、目の前がすこしだけ明るくなったのを覚えています。

 

ミライエの小澤社長さんが対応してくれました。

任意売却を進めてくれること。

自宅は個人投資家が購入すること。

売却後は、賃貸として住めること。

家賃は、住宅ローンの支払い額の11万円より少ない6万5千円。

将来的に自宅を買い戻すことも可能。

とても有難く話を聞きました。

 

妻も同席してもらい、喜んでくれました。

 

提案していただいた内容で、任意売却のお願いをすることに。

 

3週間もしないうちに提案の条件で、購入してくれる投資家さんを紹介してくれました。

これで、ひとまず自宅から出ていかずに済む。

子どもたちために、もう一度がんばろう!

そう気合を入れました。

 

任意売却ができなくてあきらめてしまうのは損する

 

しかし任意売却はできませんでした。

理由は、債権者のひとつが任意売却に協力してくれなかったためです。

なぜだ!と怒りがこみ上げてきました。

その債権者の考えとしては、そもそも任意売却には応じず競売でいくという会社の決まりのようでした。

小澤社長の話では、決して多くはないが債権者によっては、任意売却に協力しないことがあるという説明でした。

 

絶望のなかから、やっと希望を見つけたのに何てことだ。

何も考えられない状態になりました。

 

任意売却ができなくてもあきらめない

 

小澤社長から力強い言葉で「競売入札にかけましょう!」と声をかけられました。

何のことなのか分かりません。

 

任意売却はもうできない。

競売は続行される。

最後のチャンスとして、購入してくれる予定だった個人投資家に競売で落札してもらう。

無事に落札されれば、任意売却をするときの条件で借りて住むことができる。

同様に将来の買い戻しも可能だと言うことでした。

 

まだ可能性があると言う嬉しさもありましたが、落札できなかったときは覚悟を決めるしかない。

そう腹をくくりました。

 

競売の入札にかける。結果はいかに

 

競売が始まり、入札が始まり、入札結果の出る開札日までの期間

呼吸がスムーズにできない。当然、睡眠も殆どできない。疲労で倒れそうな気分でした。

妻と子どもを不安にさせてはいけないと思い強がって生活していたと思います。

 

開札日に結果の連絡を小澤社長からもらった時は、着信中の電話に出るのがとても怖かったです。

電話口の小澤社長は、落ち着いた口調でしたが明るい声でした。

 

小澤社長(無事に落札できました)

わたしは涙が流れました。

入札本数がいくつあった。2番目との金額の差を伝えてくれましたが、覚えていません。

結果報告の電話の最後に

小澤社長(〇〇さん、これからですよ。)

この言葉に、体の真ん中から力が沸いてきました。

 

ミライエさんに相談していなかったら、わたしの家族はどうなっていたか?それは分かりません。

考えたくはありませんが、多分、自宅には住んでいないと思います。

本当に感謝しています。

 

いまは、息子が成人になって働きはじめたら、息子の名義で自宅を買い戻すことを目標にしています。

これからも引き続きよろしくお願いします。

 

☆競売入札で成功したほかの解決事例はコチラ

 

株式会社ミライエより

お問合せいただいたときは、とても不安になられていたのを覚えています。

弊社に依頼してよいのか?そういったお気持ちもあったのだと思います。

 
買戻しに向けて、新たな出発

 

任意売却はできませんでしたが、競売入札に切り替えることで結果、ご家族の希望を叶えることができました。

ミライエでは、コミュニケーションを大切にしています。

コミュニケーションは、相談者さまは当然ですが、購入する個人投資家さんとも日々、コミュニケーションを深めています。

投資家さんの希望もしっかりと引き出すことで、相談者さまの希望とマッチングすることが可能になると考えています。

 

ご相談者さまは、自宅に住みつづけることができましたが、これで終わりではありません。

数年後のご自宅の買い戻しに向けて、これからも、しっかりサポートさせていただきます。

 

富里市役所で調査

 

 


 

お知らせ

ご相談無料住宅ローンが払えない、
このままでは競売になってしまうと
思ったら、今すぐご相談を!

0120-201-753年中無休で受付中:AM6:00-PM11:00 少しでもお悩みなら、お気軽にお問い合わせください!

ご自宅への出張相談も全て無料

初期費用や持ち出し費用無し

解決事例

  • コロナでお店が閉店に。リースバックで住み続けることに成功

  • 元請け会社の不渡りで資金難に、リースバックで事業継続

  • 収入減で競売に。雨漏りなど不具合を直してもらいリースバック

  • 調整区域内の物件であきらめていた…買戻しも可能に

  • 離婚調停の中で任意売却に成功

  • 任意売却はできなかった。しかし競売落札でリースバックができた

事例をもっと見る

会社案内はこちら