ミライエが大切にしていること「成しとげる」

任意売却を専門に取り扱う
株式会社ミライエが大切にしていることをお伝えします。

成しとげる

任意売却を成立させるには、どんな困難な状況におちいったとしても最後まで「絶対にあきらめず成しとげる」という執念が必要になります。

精神論に聞こえると思いますが、否定できません。最後まであきらめないことは非常に重要です。
任意売却を成立する上で難しいのは、一つとして同じケースがないということです。

競売にかかった方は、一人一人抱えている悩みや不安、今後どうしていきたいかという目標、生活環境や価値観まで全てが違います。

また、競売をかけた債権者にもそれぞれの事情があり、さらに債権者と物件所有者との関係性もさまざまです。一つの競売物件に複数の債権者がいる場合もあります。
任意売却は100件あれば100通りの進め方があるため、これさえあれば完璧だというマニュアルはないのです。

任意売却を行う不動産会社がルールを決めて、ルールに沿ってマニュアルを作成すれば難しいことではないかも知れません。

しかし任意売却を行う不動産会社が良かれと思って進めたことでも、競売になった本人が不幸になってしまうことがあります。

例えば、任意売却を行うには自宅から退去することが前提だというマニュアルがあり、それに沿って任意売却を進めれば、物件所有者は自宅に住み続けることは不可能になります。

しかし、物件所有者の本音では「できれば家族そろって、この家で安心して暮らしたい」と考えている場合には、最善の任意売却とは言えないでしょう。

この本音の部分をミライエでは「夢」と捉えています。他人から見たら同じような夢であっても、当の本人にとっては全く違う夢かもしれません。

夢の叶えかたは、それぞれによって違いますが、その「夢」を聞き取り、共有するところから任意売却の業務が始まります。

正直、「夢」を叶えるのは並み大抵のことではありませんが、「任意売却専門のミライエにお願いしてよかった」、そう思っていただくことが我々の存在意義だと考えております。

業務フローを簡素化してマニュアル通りに進めれば、もっと楽に業務を進められるでしょう。しかし、競売になった方に夢を持ってもらい、その夢を共有して「ともに夢を叶える」ことがミライエの責務だと考えています。

客観的に見たら随分と遠回りな進めかたをしているのかもしれませんが、それが任意売却専門のミライエのやり方です。

そのため、マニュアルを作成しないで1人1人の悩みを伺い、その方に適した問題解決方法を提案して進めています。案件ごとに状況は違いますので、一つ一つ考えて業務を遂行する必要があります。そのため、ミライエの仕事は誰にもまねができません。社員は自分で考えて行動することが求められます。

状況がどうしようもなく悪く、任意売却が上手くいかなかった事もあります。しかし、その上手くいかなかった経験を、全て社員一同で共有できるのも株式会社ミライエの強みの一つです。

自分で考えて行動に移した結果として上手くいかなかった場合は失敗とは言いません。上手くいかなかった経験を社員全員で共有することは、ミライエの文化になっています。

そういった日々の繰り返しが高い成約率に繋がっていくのだと思います。マニュアルも無い中、任意売却にはタイムリミットがあります。競売の入札が締め切られれば、任意売却を成立するのは不可能となるでしょう。

さまざまな要素を考えて進めていかなければならないので難しいことばかりです。しかし、厳しい状況、苦しい状況の中で人間の真価が問われますし、そこは大きく成長できるチャンスなのです。誰でも順調な時には、周囲に明るく振舞い、良い人でいられます。しかし困難な状況になったときにこそ、本性が現われると言われています。そういった意味でも、ミライエの社員は日々、成長できるチャンスとともに仕事ができています。

困難な壁に逃げずに向かっていくことでしか、人は成長できません。ミライエの従業員は困難にトライできる人間ばかりです。

競売になってしまった方は、友人や親にも相談できず、苦しい状況かもしれません。そんな時は、株式会社ミライエにご相談ください。どんな悩みでも親身になって聞かせていただきます。

そして、「絶対にあきらめず、成しとげる」という想いで、それぞれの悩みに合わせた任意売却による解決方法をご提案させていただきます。

お知らせ

ご相談無料住宅ローンが払えない、
このままでは競売になってしまうと
思ったら、今すぐご相談を!

0120-201-753年中無休で受付中:AM6:00-PM11:00 少しでもお悩みなら、お気軽にお問い合わせください!

ご自宅への出張相談も全て無料

初期費用や持ち出し費用無し

解決事例

  • コロナでお店が閉店に。リースバックで住み続けることに成功

  • 元請け会社の不渡りで資金難に、リースバックで事業継続

  • 収入減で競売に。雨漏りなど不具合を直してもらいリースバック

  • 調整区域内の物件であきらめていた…買戻しも可能に

  • 離婚調停の中で任意売却に成功

  • 任意売却はできなかった。しかし競売落札でリースバックができた

事例をもっと見る

会社案内はこちら