競売の流れ

1住宅ローンの滞納

2ローンの一括支払い請求

★この段階でご相談いただけるとスムーズ解決できます。

3保証会社より残りのローンが返済される

→「期限の利益の喪失」という名目にて請求されます。

4保証会社(債権回収会社)に債権が移行

→保証会社から法的手続きに移る通知書が届く。代位弁済を行ったたま競売に移るという連絡

5競売開始決定

→裁判所から競売開始決定通知が届く

6執行官により現場調査

→裁判所から室内の写真撮影や売却価格の調査にくる。拒むことはできない

7配当要求終期の公告

→保証会社や他の債権者による債務額提示の締切日
★この段階以降になると競売入札までの時間が少なくて任意売却できないことも

8期間入札の通知が届く

9自宅の競売がインターネットや新聞に公告される

10期間入札が開始

11開札

★この開札の前日までに手続きが完了すれば競売を取り下げることができる

12売却許可決定

13代金納付

⇒この時までに退去が必要
住み続けていると強制的に退去させられる(強制執行)
残っている荷物の撤去費用を請求されることも

お知らせ

ご相談無料住宅ローンが払えない、
このままでは競売になってしまうと
思ったら、今すぐご相談を!

0120-201-753年中無休で受付中:AM6:00-PM11:00 少しでもお悩みなら、お気軽にお問い合わせください!

ご自宅への出張相談も全て無料

初期費用や持ち出し費用無し

解決事例

  • コロナでお店が閉店に。リースバックで住み続けることに成功

  • 元請け会社の不渡りで資金難に、リースバックで事業継続

  • 収入減で競売に。雨漏りなど不具合を直してもらいリースバック

  • 調整区域内の物件であきらめていた…買戻しも可能に

  • 離婚調停の中で任意売却に成功

  • 任意売却はできなかった。しかし競売落札でリースバックができた

事例をもっと見る

会社案内はこちら