落札した物件に残置物(家具・生活用品・什器・付帯設備等の動産)があった場合の対処は、どうするべきかを解説します。

・勝手に処分はできない
残置物の所有権は、その所有者である債務者、占有者にあります。競売対象はあくま ...

競売物件に賃借人がある場合は、賃借権が買受人に対抗できるかどうかで、法律関係が変わってきます。買受人は、法律上は抵当権者と同じ立場にあるので、買受人に対抗できる賃借権ということは、抵当権者に対抗が出来る賃借権のことと考えることが出来ま ...

競売物件に賃借人がある場合は、賃借権が買受人に対抗できるかどうかで、法律関係が変わってきます。買受人は、法律上は抵当権者と同じ立場にあるので、買受人に対抗できる賃借権ということは、抵当権者に対抗が出来る賃借権のことと考えることが出来ま ...

ご契約ありがとうございました。

任意売却の成立に向けて持てるノウハウの全てを使って行動いたします。

ご自宅のお悩み等、ございましたら、お気軽に株式会社ミライエへ、お任せ下さい。

お問合せお待ちしてお ...

競売物件を落札してから、物件に誰かが不法に占有している場合はどうするべきなのか?
落札後に代金を納付すると、所有権が新しい買主に移転します。それからは、当然新しい買主が使用をすることが出来ます。だが占有者がいて、そのままでは使 ...

住宅ローンなどの借入金の滞納が始まり数か月。債権者も黙ってはいません。返済をする意思をしっかり伝えなかったり、連絡を取らずに放置していると、裁判所に競売の申し立てをおこないます。裁判所がその債権の申し立てを認めると、競売が開始されるこ ...

前回の「税金を滞納してはいけない」でもふれた、税金と抵当権の優先順位について、もう少し詳しくご説明します。
前回説明したとおり
「通常税金には、国税優先の原則が定められていて、どの債権よりも優先されますが、抵当権につい ...

税金は、住宅ローンや他の債権に比べて、最も強力な徴収権や執行権を持つ債権の1つです。
税金は、「滞納しない」「優先して返済をしていくこと」を心掛けてください。

・税金には滞納処分という独自の権利がある
住宅 ...

連帯債務で借りた住宅ローンがまだ残っている状態で、夫が破産した場合、住宅ローンはこれからどうなっていくのだろうか?
住宅には、当然抵当権が設定されています。連帯債務者である妻も、当事者になります。今後住宅ローンを妻が払えなけれ ...

不動産の購入を検討する上で、接道に関しての知識が最低限必要です。接道状況によって、再建築不可など、将来に向けてその不動産の価値に大きく反映してきます。道路に関する公法上の規制(※)を、ご説明します。
※公法上の規制・・・土地の ...